Skip Ribbon Commands
Skip to main content
Navigate Up
Sign In

Quick Launch

Average Rating:

facebook Twitter
Email
Print Bookmark Alert me when this article is updated

Feedback

PowerCenter統合サービスはコードページ定義ファイルのフォールバック・マッピングで Unicode からコードページに変換することができません
Problem Description
PowerCenter統合サービスは、コードページ定義ファイル(.ucm)の"|1​"フォールバック・マッピング で Unicode を代替文字に変換します。

.ucm ファイル内の"|1​"フォールバック・マッピング はインジケータであり、Unicodeからコードページへの変換をサポートしますが、コードページからUnicode への変換はサポートしません。


フォールバック・マッピング "|1​"​ で Unicode をコードページに変換する必要があります。​​​​

Cause
PowerCenter統合サービスは、ICUコンバーター内の内部 .ucm コードページ定義ファイルを使用して、コードページをUnicodeに、Unicodeをコードページに変換します。

"|1​"フォールバック・マッピングインジケータがデフォルトで無効になっているため、PowerCenter統合サービスは "|1​"フォールバック・マッピング を検出すると、Unicodeを代替文字に変換します。​

Solution
​​.ucmファイルで "|1​"フォールバック・マッピングインジケータを有効にするには、Informatica Administrator の"サービスとノード"タブにて、PowerCenter 統合サービスの"プロパティ" タブのカスタムプロパティに以下のフラグを設定し、PowerCenter統合サービスを再起動します。

名前                    値
UseICUFallback    Yes​
More Information
​​​免責事項:
​本文書は、お客様の利便性を目的として、英文の記事 KB 105723 を翻訳したものです。
最新情報ではない可能性があるため、オリジナルの英語版を併せてご参照ください。
Applies To
Product: PowerCenter
Problem Type: Configuration
User Type: Administrator
Project Phase: Configure
Product Version:
Database:
Operating System:
Other Software:

Reference
Attachments
Last Modified Date:6/30/2020 8:07 AMID:625239
People who viewed this also viewed

Feedback

Did this KB document help you?



What can we do to improve this information (2000 or fewer characters)